ガス供給技術

エンジニアリング事業

金属テープシール工法

低圧の本・支・供給管の腐食漏洩を外面から簡単にテープ巻きで修理(本修繕)する工法です。
本工法は、「本支管指針(維持管理編)」、「供内管指針(維持管理編)」に記載されています。

金属テープシール工法

工法の概要

ガスの供給を停止することなく、活管で、漏れ部の外面から、管体にフィッ卜する金属入りテープと自己融着性を有するブチルゴムテープ等を巻き付けることにより修理を行います。

金属テープシール工法(イメージ図)

金属テープシール工法(イメージ図)

①薄膜テープ:ブチルゴム
②金属テープ:ブチルゴム+鉛
③Aテープ:ブチルゴム+EPDM
④Bテープ:ブチルゴム+ポリエチレン

適用範囲

項目 内容
ガス種 都市ガス
配管位置 本管・支管・供給管の地中埋設部
漏れ形態 腐食漏れ
管種 鋼管・鋳鉄管
管経 25A〜300A
圧力 低圧(3kPa以下)

施工手順

施工手順

材料

①ポリ工ステル薄膜 ①ポリ工ステル薄膜
 テープ
②金属テープ ②金属テープ
 テープ
③テープシール ③テープシール
 Aテープ
④テープシール ④テープシール
 Bテープ

お問い合わせ

TEL: 06-6205-4120 / FAX: 06-6220-1230

営業時間:平日:9:00~17:40
担当  :事業開発部 国内営業チームまで