ガス供給技術

エンジニアリング事業

パイプロケーター(PL-X)

パイプロケーター「PL-X」は、従来の機能に加え、地中で曲がっている等、複雑な構造の埋設管であっても正確な探査ができるほか、様々な埋設物が密集している場所でも探査したい管だけを確実に探査する機能を搭載する等、これまでにないワンランク上の探査性能を実現しました。
【㈱フジテコムと大阪ガス㈱の共同開発品】

パイプロケーター(PL-X)

概要

パイプロケーター(PL-X)

パイプロケーター「PL-X」は、従来の機能に加え、地中で曲がっている等、複雑な構造の埋設管であっても正確な探査ができるほか、様々な埋設物が密集している場所でも探査したい管だけを確実に探査する機能を搭載する等、これまでにないワンランク上の探査性能を実現しました。
【㈱フジテコムと大阪ガス㈱の共同開発品】

※作業イメージ図 ※作業イメージ図

特長

PL-Xは新機能として

分岐や曲がり箇所を含めた探査精度を向上

パイプロケーターで探査する際、埋設管に電流を流し、その電流によって発生する磁界(※1)の強度から、深さや位置を測定します。新製品では、水平方向の磁界を測定するセンサーコイルに加え、上下方向の磁界を測定できるセンサーコイルを搭載したことで、分岐や曲がり箇所を含め、探査精度の向上を実現しました。

※1.磁石や電流の周りに生じる、磁力が働いている空間のこと

探査したい管だけを検出する機能を追加

これまでは、近くに他の管等が埋設されている場合に、探査したい管へ流した電流が他の管へ移ることで発生する磁界(誘導磁界)も検出してしまい、探査が困難なことがありました。
新製品では、探査したい管の磁界と誘導磁界が逆位相(※2)であるという性質に着目し、誘導磁界を除去する機能を搭載したことで、探査したい管のみの検出が可能となりました。

※2.電波や電流が発生する周期的な波形が反転していること

操作性を向上

パイプロケーターは、埋設管に電流を流す送信器と、地表で磁界を測定する受信器の2つの機器で構成されています。新製品では、送信器と受信器が離れた場所での作業であっても、受信器側から遠隔で設定変更ができ、より効率的な探査をサポートします。

追加機能

多軸センサ:分岐や曲部の検出

通常探査のX軸センサと分岐や曲部の磁界を検出する
Y軸センサを追加→
通常探査で分岐や曲部の確認も可能

多軸センサ:分岐や曲部の検出

上越しと下越しを判定

鉛直配管の磁界方向を検出
→上越しと下越しの配管の判定が可能

上越しと下越しを判定

ガス管だけを受信

ガス管の電流と近接管の電流の方向は逆方向
(異なる波形と判定)
→他埋設管、ガードレールやフェンスの識別が可能

ガス管だけを受信

仕様

PL-X 主な仕様

メーカー フジテコム㈱
周波数 0.5、8、27、83、128(kHz)
送信出力 直接:3W 誘導:0.5W
探査精度 5m
位置精度 深さの±2.5%
深さ精度 ±5%
寸法(mm) ・送信:212×310×95
・受信:166×310×729
重量 送信:1.9kg 受信:2.1kg

探査性能

探査モード 探査精度 精度
位置探査 最大法 0~5m 深さの ±2.5%
深度方式 連続深度方式 0~0.3m ±1.5cm
0.3~1.5m ±5%
1.5~3mm ±5%
横移動方式 0.5~2m ±10%

お問い合わせ

TEL: 06-6205-4120 / FAX: 06-6220-1230

営業時間:平日:9:00~17:40
担当  :事業開発部 国内営業チームまで