ガス供給技術

エンジニアリング事業

ソーラーパネル式小型外部電源装置

受電設備が不要なソーラーパネルによる太陽光発電を利用した小型外部電源装置です。
当装置により、受電装置の設置が困難な場所や建設中の導管に暫定的に防食を施す必要がある場合などにおいても、安価で、容易に防食設備が設置できます。

ソーラーパネル式小型外部電源装置

概要

受電設備が不要なソーラーパネルによる太陽光発電を利用した小型外部電源装置です。
当装置により、受電装置の設置が困難な場所や建設中の導管に暫定的に防食を施す必要がある場合などにおいても、安価で、容易に防食設備が設置できます。

適用範囲

小型流量での防食が可能なPLP路線

適用対象の一例

・建設中導管の暫定防食
・受電設備敷設に多大なコストを要する防食対象導管

メリット

・受電設備が不要
・電気代不要→維持管理費用の削減可能
・適用するソーラーパネルにより出力・電圧・電流量の仕様変更可能

仕様

出力電圧 0~10V
出力電流 0~300mA
本体寸法 500W×300D×1400H
その他 ・夜間や天候の影響によるソーラーパネル
・出力減少対応としてバッテリー搭載※
※内蔵バッテリーについて
・内蔵バッテリーのみで約1週間通電出力可能
・ソーラーパネル出力による自動充電回路搭載

お問い合わせ

TEL: 06-6205-4120 / FAX: 06-6220-1230

営業時間:平日:9:00~17:40
担当  :事業開発部 国内営業チームまで